交通事故に遭った場合の対処法



交通事故に遭った場合には、症状が全くない状態でも後から現れることがあるため、
たとえ擦り傷程度でもすぐに警察には必ず連絡をすることが理想です。
もちろん怪我をしている場合には徐々に悪化する場合もあるため、救急車をとりあえず呼ぶことも重要です。
救急車を呼ぶと状況により警察にも連絡がされます。加害者は必ず現場にとどまることが必要です。
仮に警察官が到着する前にその場を離れるとひき逃げ事件など刑罰が重くなることがあります。
また、適切な処置を行った場合には、減刑や被害者の生存率も高まり、回復を早めることにもつながります。
警察官が到着すると事故が遭ったことや現場の状況、目撃証言などを適切に書き留め保存します。
特に大きな交通事故では時間が経つに連れ自分を正当化したり、自分の立場が優位なる証言をすることも多く、裁判に発展するケースもあります。
その場合でも警察官の記録は重要な証拠となることが多く、早い段階で警察に通報することで、より正確な情報を収集してもらうことができます。
そのうえ、加害者や被害者が加入している保険会社にも届け出る必要がありますが、事故として警察に届けられていないと補償が受けられない可能性もあります。
以後後遺症が残った場合でも、相手の住所や勤務先など特定できる正しい情報を知っていないと被害者にとってはかなり不利益を被ることもあります。
加害者にとっても不当な要求をされないためにも警察には必ず連絡することがより争いのない形で解決する最良の手段となると思います。